熱帯魚で潤いのある生活に!

大型のペットを飼うことが出来ない・一人暮らしなため家に帰っても一人で寂しいという方におすすめしたい生き物がいます。
カルキが入っていない水の中で飼うことが出来るところと、水温が調節しやすく初心者でも手間がかからずに飼うことが出来るのが、熱帯魚になります。
洋風にも感じられる色合いの魚が多い中で、和風を感じることが出来るフォルムも魅力の一つです。
熱帯魚を長く元気に育てるためには、水がきれいであることが大切になります。
魚は人間と同じように、酸素が無くては生きていくことが出来ません。
水の中に酸素が無くなるとエラ呼吸を止めて、水の表面に浮かんで来て口呼吸で酸素を取り入れるようにします。
水槽の中に水草を入れたり、橋を掛けたり、観葉植物と水槽を工夫して置いてみるとそこが一つの森のように感じます。
水槽レイアウトにこだわりを持って楽しまれる方も多く、魚を見るだけではなく全体を魅ることでさらに楽しむことが出来ます。
熱帯魚は魚の中で唯一言葉が分かる魚とされているため、話しかけたら傍によって来ることには理由があることも判明しています。
自分自身が気に入った姿とカラーの魚を飼うことで、愛情をたくさんかけて育てることが出来ます。

熱帯魚がえさを食べてくれない!その三つの理由とは?

当然のことながら熱帯魚も生き物なので、他のペットに同じく定期的にえさを与えることが必要です。
ですが家で飼っている人の中には、えさを食べない魚がいる、という事態が起きた時どうすべきかわからない人も多いのではないでしょうか。
犬や猫と違って食欲がなくても獣医の方に診てもらうことができないタイプのペットですが、熱帯魚の場合は、えさを食べてくれない、という問題が生じる時は主に三つの理由があるようです。
一つ目に、えさの種類が違う、という理由です。
魚の種類によっては食べられるえさの種類や形状が限られる場合があるので、ペットショップでどのような餌が最適かを事前に確認しておく必要があります。
二つ目に、水槽に慣れていない、という理由です。
飼い始めたばかりの魚は新しい環境に慣れない場合が多く、えさを与えても警戒して食べないことがあります。
その場合は数日間続けて少量のえさを水面に浮かべておけば、空腹でえさに近づいてくるようです。
三つめに、病気などの理由で弱っている、という理由です。
体調不良の場合は通常隔離してえさを与えれば元に戻りますが、病気の場合は観察して何の病気かを確かめた後しかるべき処置を迅速に行う必要があります。
熱帯魚は定期的に規則正しくえさを与えることが必要不可欠なペットなので、えさを食べない魚がいた場合は食べてくれるための対策を早めに行うことが求められます。

おすすめWEBサイト

販促品
http://www.sp-venus.com/
結婚指輪
http://www.tanzo.jp/
基礎2級
http://www.e-monozo.com/shopbrand/027/X/
ダイビングスクール 東京
http://www.eastdive.com/
ポケットwifi レンタル
http://www.min-wifi.com/
結婚相談所 口コミ
http://www.deubclub.org/
犬服お手頃通販
http://cuddly-ai.com/
スマホケースかんたん作成
http://www.smartphone-case.jp/

最終更新日:2016/6/17

Twitter

『熱帯魚』 最新ツイート